アメリカスミレサイシン 陽地の春の開花植物

 

土手の裸地の株 14年4月10日
草地 の株 02年3月30日 

          
花と側弁の毛 06年4月18日 
 
 科 属 名
スミレ科スミレ属
   英    名
common blue violet
 学    名
Viola sororia Willd.
日本と世界の分布
北米東部〜メキシコ北東部、日本の分布は不明
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道路の隅
   開  花  期
3〜5月
 類 似 種
アリアケスミレコスミレスミレノジスミレヒメスミレ
 メ      モ
2000年ころ、歩道の隅や庭園の周りでこのスミレを見かけるようになりました。調べてみたところ、園芸植物として栽培されてる海外導入種のViola sororia Willd.が逃げ出したものと分かりました。自生地のアメリカコネチカット州植物学会のホームページによれば、アメリカ東部では森・草地・荒地に自生しており、白花もある変異の大きい種と解説されています。
画像は草高が10cm、花の径は2.5cm、 下段画像のように左右の側弁の基部には太く長い白毛が密生しています。開花後期には葉柄の長い大きな葉が出て、草高が大きくなります。
神奈川県植物誌2001の1016頁にアメリカスミレサイシンという和名があることを知りました。
back next list home flora