スズメノエンドウ 陽地の春 の開花植物

 

道ばたの土手 05年4月8日
04年4月16日 花序
05年5月17日 果実(豆果)
左:カスマグサ
右:スズメノエンドウ
 
 科 属 名
マメ科ソラマメ属
 英    名
tiny vetch
 学    名
Vicia hirsuta (L.) S.F.Gray.
日本と世界の分布
本州〜琉球、ユーラシア・アフリカ北部の暖温帯
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
道ばた、土手、草原など 
  開  花  期
3〜5月
  身近な類似種
カスマグサカラスノエンドウシロバナ ヤハズノエンドウ
 メ      モ
この辺りでは、同じ仲間のカラスノエンドウが早春から初夏まで至る所に群生しているのに対し、スズメノエンドウは生育場所や発生量が限られています。見た目がそっくりのカスマグサも少なく、次ぎのような違いがあります。スズメノエンドウはカスマグサに比べ小さくて弱々しく、一つの花序に3〜7個(上掲右画像は上下とも5個)の白紫色の花をつけ、上掲右下画像の 右側のように豆果に短毛が生えており、普通2個の種子が入っています。これに対しカスマグサは、1花序 に1〜3花つき、花の色は淡青紫色で、上の右下左側画像のように豆果は無毛です。(05.05.17)
back next list home flora