ホトケノザ 陽地の春・秋の開花植物

 

斜面林沿いの道端の群生 左の低地はタネツケバナの開花中の群生  

13年3月8日

 
休閑野菜畑での群生 2006年3月24日 
 
真冬の田んぼの土手での開花 13年2月5日
 
葉と花 07年2月13日
葉と花 10年3月1日
 
田んぼの畦での開花 13年12月6日
 
 
 科 属 名
シソ科オドリコソウ属
   別    名
サンガイグサ・カスミソウ
 英    名
henbit
 学    名
Lamium amplexicaule L.
日本と世界の分布
本州〜琉球、東アジア・ヒマラヤ・ヨーロッパ・北アフりカ
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、畑、樹園地など
   開  花  期
10〜6月
 身近な類似種
ヒメオドリコソウ
 メ      モ
史前帰化植物(有史以前に帰化したと考えられている植物)です。畑地の野菜跡、空地、土手などに群生する越年草です。
草高10〜30cm、茎は根元で数本に分かれ切口が四角形です。は下の方は柄があり、上の方は無柄で2枚の葉が左右から茎を抱き、その間に花が咲きます。
3段目の画像は柄のない唇形の花で、正面の縦7mm、横3mmです。 普通群生しますが、単独で生えることもあり、4段目左画像は畑の端の孤立株です。開花は春から初夏が主ですが真夏をのぞいて、画像に見るように周年咲いています。
春の七草の「ホトケノザ」は、このホトケノザではなく、キク科のコオニタビラコです。
back next list home flora