ヒメオドリコソウ 陽地の春・秋の開花植物

 

道ばたの群生 14年4月10日
 
道ばたの群生 2010年4月1日
畑地で1株が広がっている様子 10年3月1日
 
開花盛期の花と上位葉 14年4月15日
 
 科 属 名
シソ科オドリコソウ属    .
   英    名
purple deadnettle
 学    名
Lamium purpureum L
日本と世界の分布
ヨーロッパ・小アジア原産、北アメリカ・東アジア・日本へ帰化
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、畑の縁、樹園地など
   開  花  期
11〜5月
 身近な類似種
ホトケノザ
 メ      モ
明治時代に渡来した帰化植物で、 この辺りでは最近多くなっています。多くは1・2段目画像のように集団で生えています。
草高10〜30cm、茎は根元から枝分れし少し横にはってから立ち上がります。は下段画像のように心円形で表面にしわがあり、下の葉には長い柄ありますが、上の葉は柄が短く接近しています。普通は画像のように紅紫色をおびています。2段目画像はやや陰のある道ばたに集団で生えている ため徒長気味で、草高は15cmから30cmとさまざまです。
花は長さ15mm、縦7mm。開花は春が盛期ですが、夏をのぞいてわずかながら周年咲いています。
和名は在来種オドリコソウの花を人が笠を着て踊る様子に例え、その小さな形を意味しています。
back next list home flora