コオニタビラコ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

田んぼの畦での群生 04年4月17日
     
頭花;舌状花だけで9個の小花が見える
09年4月18日
 科 属 名
キク科ヤブタバコ属
   別      名
タビラコ
 学    名
Lapsana apogonoides Maxim.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮(済州島)・中国
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
イネ刈後〜田植前の田、休耕田、田の畦
   開  花  期
3〜5月
 身近な類似種
オニタビラコヤブタビラコ
 メ      モ
葉が地面にべったり張りついて冬を越します。成植物は無毛で草高10〜20cm。画像の花の直径は約1cmですが、これは小さな花が多数集まって一つの花のように見えるもので頭花と呼びます。
田植え前の田んぼや畦で見られますが、最近は少なくなりました。春の七草の一つ「ホトケノザ」はこの草。ゴマノハグサ科のホトケノザと間違えた解説を見かけます。正月に妻が買ってきた七草粥用セットは、ハコベが大部分を占めており、コオニタビラコは見当たりませんでした。俳句歳時記(角川書店編新版)に「たびらこや洗ひあげおく雪の上(吉田冬葉)」という季節感を表す句が載っています。
09年4月18日に下段の頭花の画像を更新しました。コオニタビラコの頭花は舌状花だけからなり、この画像では9個の小花がはっきり分かります。
back next list home flora