ハ ナ イ バ ナ 陽地の春・秋の開花植

 

神社の境内 00年4月28日 
 

花と蕾 葉の圧毛と小花柄 14年4月15日
 
花序 00年11月26日  
09年7月9日
 
 科 属 名
ムラサキ科ハナイバナ属
 学    名
Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch.et;C.A.Mey.
日本と世界の分布
北海道〜琉球・小笠原、朝鮮・中国・東南アジア
   生 育 型
1〜越年草
 生 育 場 所
家の周り、道ばた、空地、畑、樹園地など
   開  花  期
4〜11月
 身近な類似種
キュウリグサ
 メ      モ
家の周り、道ばた、空地、耕地など、身近な場所のいたるところに自生しています。
草高5〜40cm、茎は細く基部が横に伏してから立ち上がります。上段画像の個体は草高23cm、下葉の長さと幅は平均5cmと1.5cm。
花は春から初冬まで咲きつづけますが、注意しないと見落としてしまう地味で小さい花です。 下段左画像は晩秋に咲いた花で、直径3.5mm。
キュウリグサに似ていますが、葉を手で揉み臭いを嗅いでも 、キュウリのような臭いがないので区別できます。和名は漢字の葉内花(ハナイバナ) で、葉と葉の間に花があるという意味です。
back next list home flora