キュウリグサ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

土手 の個体 01年4月23日 
 
花序 10年4月29日 
 
 科 属 名
ムラサキ科キュウリグサ属
 別    名
タビラコ
 学    名
Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、アジアの温帯〜暖帯
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、畑、樹園地など
   開  花  期
3〜6月、まれに秋の開花を見ることがあります。
 身近な類似種
ハナイバナ
 メ      モ
園芸植物のワスレナグサの仲間で、草高が10〜30cm。画像の株は草高23cm。
下段の画像は花序で、先がくるリと巻いているのが特徴です。花の直径は4mm。葉を指先でもみ臭いを嗅ぐとキュウリの臭いがします。これが和名の由来です。
多くありませんが、道ばた、空地、田んぼの土手などに生えています。春の七草の「タビラコ」はこの草ではなく、キク科のコオニタビラコです。
back next list home flora