オランダミミナグサ 陽地の春・秋の開花植物

 

田んぼの畦の群生 09年3月11日
 
空地 の群生 00年4月28日 
 
花序の一部 06年4月30日 
花;2浅裂した5枚の花弁、10個の葯と雌ずい
09年4月9日
 

初冬の花序 13年12月6日
 科 属 名
ナデシコ科ミミナグサ属
   英       名
sticky chickweed
 学    名
Cerastium glomeratum Thuill.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産、本州〜琉球・小笠原に分布する帰化植物 
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、田の畦、畑、樹園地など
   開  花  期 
10〜5月
 身近な類似種
ミミナグサ
 メ      モ
明治時代末期に渡来した帰化植物で、在来種 のミミナグサに替わって身近な場所にふつうに自生しています。
は根元から枝分れし株を横に広げますが、密に群生すると2段目画像 のように立ち上がります。草高は10〜60cmで幅があり、2段目画像は草高33cmです。
は柄がなく卵形〜長楕円形です。全体に灰色の軟毛が蜜生し、粘液物を分泌する腺毛(センモウ)が混じって生えているため、触るとべたつきます。
は長さ8mmほどで、枝先に短い柄をつけて密に咲きます。がく花弁がほぼ同じ長さで、3・4段目画像のように花弁は5枚で、先が浅く二つに裂けています。黄色い葯 が10個あります。在来種のミミナグサは柄の長い花がまばらに咲くのが特徴です。
開花は春が盛期ですが、夏をのぞいてわずかながら周年咲いています。下段画像は初冬の花です。
和名は在来種のミミナグサ(耳菜草)の葉がネズミの耳に似ており、菜として食べられることを意味し、その外来種に由来します。
back next list home flora