オオイヌノフグリ 陽地の春・秋の開花植物

 

 

早春の土手における満開状況 17年3月22日
 
キャベツ畑のオオイヌノフグリの一株 11年3月2日
 

14年3月6日
 
道ばた 02年3月2日

雪の中の花

01年1月21日 

 
真冬の土手での開花 13年1月29日
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科クワガタソウ属
   英     名
Persian speedwell
 学    名
Veronica persica Poir.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産、日本全土に分布する帰化植物
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、田の畦、畑、樹園地など
   開  花  期
11〜6月、少ないが周年開花しています。 
 身近な類似種
イヌノフグリタチイヌノフグリフラサバソウ
 メ      モ
明治時代に渡来した帰化植物です。草高10〜40cm、茎は枝分れし 、上段の画像のように地面をはって横に広がります。葉は卵形で、葉のつけねに柄が長く伸びて花が咲きます。下段左の画像は草高10cmあまり、花の直径は8.8〜11.5mmです。身近な場所に大小さまざまな集団をつくって自生し、 いまでは在来種のイヌノフグリを駆逐した感じです。葉縁の鋸歯が3〜5対あり、他のクワガタソウ属植物より多いの特徴です。
花は早春が最も盛んですが、真夏をのぞいて周年咲いています。花は日中開きます。低温に強く、下段右上画像のように雪の中でも花が咲き、同下段の画像のように朝8時には降霜で葉面が結露していた株が、昼には花が開きます。これほど寒さには強いのに、切取ると直ぐに花弁が落ちてしまい、手にとって愛でることができません。
空気が未だ冷たい時期に、るり色の可憐な花のじゅうたんが春を告げてくれます。和名は在来種イヌノフグリの果実の形を犬の陰のうに例え、その大きなイヌノフグリという意味です。この名の由来を聞いて、大部分の人々はがっかりします。
11年3月3日に上段の画像を追加しました。13年2月5日に下段の真冬の開花画像、同じく3月8日に上段の群生の満開状況とクローズアップした花の画像、をそれぞれ追加しました。
back next list home flora