セイヨウタンポポ 陽地の春・秋の開花植物

 

農道の群生状況 13年4月8日
 
駐車場の自生株 00年4月28日 
 

冬の頭花

00年12月29日
耕作放棄畑の群生

00年5月10日 

 

頭花 14年4月10日
 

成熟した多数の 果実(そう果) 13年5月26日
 
 科 属 名
キク科タンポポ属
   英    名
dandelion
 学    名
Taraxacum officinale Weber
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産、日本全土に分布する帰化植物
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、芝生、空地、土手、田の畦、畑の周り、樹園地など
   開  花  期
1〜12月
 身近な類似種
カントウタンポポシロバナタンポポ
 メ      モ
知らない人のない帰化植物で、明治時代にヨーロッパから渡来。高さ10〜30cmの多年草で、茎葉を切ると白い乳液がでます。葉は根元から出て横に広がり、茎には葉がなく 、画像のように先に小さな花が集まった頭花が1個つきます。
2段目の画像は草高19cm、頭花の直径は最大で4.8cmです。開花時期は春が中心ですが、1年を通して咲いており、3段目左画像のように真冬でも点々と咲いています。3段目右画像は休耕畑の大集団で、花が終わり茎が伸び(最大45cm)、冠毛のある果実(そう果)が風で飛ばされる直前の状態です。下段画像は結実して飛散中の多数のそう果です。
このような集団発生の他、舗装路の割目などに孤立して生えている場合もあります。在来のタンポポ類との違いは、3段目左画像の蕾の周りにある苞外片と呼ばれる部分がセイヨウタンポポは反り返り、在来種 のカントウタンポポなどは反り返らない点です。しかし、最近は自然交雑が進み、中間的なものが多くなっています。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora