クスダマツメクサ

陽地の春〜初夏の開花植物

 

根古屋川管理道路の群生 17年5月14日
 
 

茎上部の葉と花序 同上 

 

 花序 6年6月20日
 
 科 属 名
マメ科シャジクソウ属
   別    名
ホップツメクサ
   英    名
Hop trefoil
 学    名
Trifolium campestris Schireb.
日本と世界の分布
ヨーロッパ・アフリカ・西アジア原産 北海道〜九州に帰化
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、草地など
   開  花  期
4〜7月
 身近な類似種
アカツメクサコメツブツメクサシロツメクサ
 メ      モ
ヨーロッパ〜西アジア、アフリカ原産の帰化植物です。最近、この辺りでは上段画像のように 目立ってきました。
は直立または匍匐し、高さ5〜30cm。は羽状3小葉、小葉は倒卵形、長さ8〜15mm、幅5〜8mm。
花序は2段目画像のように卵円形、長さ1〜1.5cm、経0.8〜1.3cmで、 ふつう20花以上つけます。花弁は初め鮮黄色で、後で褐色に変わり、長さ3.5〜6mm。旗弁は開花後やや膨らみ、菱状倒卵形で幅2.5〜4mm、縁は 下段画像のように鋸歯状です。
back next list home flora