ツボミオオバコ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

街路樹の植込みの群生 10年5月12日
 
水田畦の株 06年5月11日 
花序の一部  同左
苞葉とがくを伴う果期の花 同上
花序の一部 同左
 
 科 属 名
オオバコ科オオバコ属
 別    名
タチオオバコ
  英     名
dwarf plantain,  white dwarf plantain
 学    名
Plantago virginica L.
日本と世界の分布
本州〜九州
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、田んぼの畦など
 身近な類似種
オオバコヘラオオバコ
   開  花  期
5〜8月
 メ      モ
北アメリカ原産の帰化植物。道ばたや田んぼの畦などに生える1年草または多年草。この辺りでは最近、あちこちで見かけるようになりました 。
花茎は高さ10〜50cm。太い直根を伸ばし、中段の左画像のように根際から多くの葉を束生します。各画像に見られるように全体に白色短毛が密生しています。花茎は中 段画像のように直立し、細長い穂状花序をつけ、葉よりもはるかに長く伸び、10〜50cmに達します。
稔性花不稔花が別株につくか、または混在します。 下段の右画像は稔性花と不稔花が混在している様子を示しています。淡褐色の花冠が4つに開いているのが不稔花、直立しているのが稔性花です。 下段の左画像は不稔花、軟毛のある苞葉とがくに包まれた果期の花で、花冠と長い花糸の先の葯が見えます。
back next list home flora