オオバコ 陽地の春〜秋の開花植物

 

農道の個体 0年5月26日
 
花序の一部 左下が花糸と葯・右上が花柱 12年10月5日 
 

上画像の雄ずい・雌ずい部位の拡大 同上
 
 科 属 名
オオバコ科オオバコ属
   英    名
Asiatic plantain
 学    名
Plantago asiatica L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、樺太・千島・朝鮮・中国・台湾
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、農道、空地など 
   開  花  期
4〜10月
 身近な類似種
ツボミオオバコヘラオオバコ
 メ      モ
最も身近な人里植物の一つ。多年草。日当たりのよい道ばた、空地、農道など、人の踏みつけ環境によく生育する性質があります。山地の登山路に沿って群生している例を見かけますが、これは登山者 の靴に着いたオオバコの種子が里地から運ばれるためです。
葉は1段目の画像のように全て根元から出ます。高さ10〜50cmの細長い穂状花序を伸ばし、花を密につけます。
オオバコの花は、同じ花穂のなかで雌花が先に咲く、雌蕊先熟(シズイセンジュク)が特徴です。2・3段目の画像のように、花が花穂の下の方から順に咲 き、穂の上の方は白い糸状の雌ずいが突き出しており、下の方は雌蕊より遅れて熟した雄 ずいの葯が花糸の先に垂れているところです。
back next list home flora