ヒメスイバ 陽地の春〜夏の開花植物

 

公園の植栽ケイヤキ下の群生 15年5月9日
 
茎葉 09年5月14日
 
右下;雄花 09年5月15日
右;雌花 同左
 科 属 名
タデ科ギシギシ属
   英    名
red sorrel
 学    名
Rumex acetosella L.
日本と世界の分布
北海道〜九州、ユーラシア
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、畑、樹園地、芝地など
   開  花  期
4〜8月 
 身近な類似種
スイバ
 メ      モ
明治初期に渡来したユーラシア原産の多年草の帰化植物。 この辺りでは最近、道ばたの土手、公園の植込みや公園樹の周りなどで目立つようになりました。栽植樹と一緒に定着地域から持ち込まれたように思われます。
は高さ20〜50cm。は画像のように独特の形をしており、細いほこ形で、耳部は両側に広く開出しています。 
 雌雄異株。下段左画像が雄株雄花で、がく片6枚のうち4枚、雄ずい6個のうち4個が見えます。黄色の垂れ下がっているのが。 同右画像が雌株雌花で、花被片は6枚、花柱は3本ですが、はっきり分かりません。

地下を横走する根茎により増殖するため、一度耕地に定着すると除草が大変です。1960年代前半、農水省北海道農業試験場畑作部(帯広市近郊)の農家購入直後の試験畑でヒメスイバの除草に数年苦労した記憶があります。農家が畑の管理を手抜きして売却したため当時、畑一面ヒメスイバで被われていました。

back next list home flora