ネズミムギ 陽地の春〜夏開花植物

 

道端の群生 15年5月9日
 
住宅空地の個体

00年6月2日 

 
開花期の群生 黄色い部位は雄しべの葯 14年6月9日
 
開花期の小穂

99年5月29日

 
無芒成熟小穂

06年6月28日 

有芒成熟小穂
同左
 
 科 属 名
イネ科ドクムギ属
   別     名
イタリアンライグラス
 英     名
Italian ryegrass
 学    名
Lolium multiflorum Lam.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、全世界
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、川堤、草原など
   開  花  期
5〜8月
 身近な類似種
ホソムギ
 メ      モ
ヨーロッパ〜北西アフリカ原産の帰化植物。ヨーロッパから牧草として導入されたものの野生化で、今 では全国に広がっています。この辺りでもオニウシノケグサとともに、道ばたや川堤の通路などに群生しています。
稈は高さ30〜100cmで、少数が束生します。葉が光を反射し、てかてか光るため、他のイネ科草本と容易に見分けられます。類似種のホソムギとの違いの一つは、1小穂の小花数と護頴の芒の有無です。
ネズミムギは1小穂10小花以上で、護頴に長い芒があります。これに対し、 ホソムギは1小穂10小花以下で、護頴は無芒です。しかし両種の交雑が起こっており、下段画像のようにネズミムギでも芒が無かったりして、必ずしも明確に区別できないのが実態です。
ネズミムギはわが国ではイタリアンライグラスの名で、秋播きし翌年3〜7月に収穫利用されている重要な牧草であり、品種改良が進められています。 またグリーンプランツや緑肥作物としても利用されています。 

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora