コヌカグサ 陽地の春〜夏開花植物

 

道ばたの群生 07年6月27日
 
田んぼに面した土手 01年7月27日 
 
地下部と根茎  06年6月28日 
根茎と根 14年7月1日
同上
小穂  同左
 
 科 属 名
イネ科ドヌカボ属
  別     名
レッドトップ
 英     名
redtpo
 学   名
Agrostis alba L.
日本と世界の分布
北海道〜九州に帰化、北半球の温帯
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばたや土手の草地など
   開  花  期
5〜8月
 身近な類似種
ヌカぼ・ハイコヌカグサ ・ヤマヌカボ
 メ      モ
明治初期に牧草として導入されたものが、逸出したもので、現在は全国的に草地などに野生化しています。 この辺りでも最近、土手や川辺の草地(1・2段目画像)などで普通に見かけるようになりました。
茎は高さ50〜100cm。地下部には上の3段目画像のように太い根茎があります。葉は扁平で、幅4〜8mm。長い葉舌が特徴で、高さ2〜7mm。
円錐花序は長さ10〜25cm、下段左画像のように卵形で、枝は開花時に開出し、果時にはやや直立して披針形になります。小穂は 下段右画像のように少し光沢がり、淡緑色〜紫褐色、長さ2〜3mm、1小花。護頴は長さ1.5〜2mmで、背に短い芒があり、内頴は護頴の半分位。
名前は小糠草で、小穂が小さいことに由来します。
back next list home flora