ホソムギ 陽地の春〜夏の開花植物

 

公園の吹付け造成地のホソムギ 14年6月9日
 
芝生の株 01年7月15日 
 

出穂開花期の小穂  黄色の垂れた部位は花粉放出後の雄しべの葯
14年6月9日
 

開花小穂 16年6月20日

包頴下が第1包頴・左上が第2包頴。
小花左が第1小花・右が第2小花・先端が第3小花以降の開花前の花。
雌しべ第2小花の基部のブラッシ状のものが柱頭。
雄しべ: 第1・2小花の淡黄色のものが葯で各々3個、第1小花の糸状のものが花糸。 
 
 科 属 名
イネ科ドクムギ属
 別    名
ペレニアルライグラス
 英    名
perennial ryegrass
 学    名
Lolium perenne L.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・芝生・草地・川堤など 
   開  花  期
6〜8月
 身近な類似種
ネズミムギ
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物。17世紀からイギリスで牧草として栽培され、現在では世界の冷温帯に広まっています。日本へは明治初期に導入され、牧草として栽培されてきましたが、夏の暑さや冬の土壌凍結には耐性がありません。今で は、グリーン プランツとしても広く使われています。
一方、同属のネズミムギ(イタリアンライグラス)とともに逸出・野生化しています。この辺りではネズミムギは群生していますが、ホソムギは多くありませんが最近、公園の芝生造成などにこの種子が播種されています(1・段目画像)。
1段目画像はグリーンプランツとして吹付け播種された跡地の群生状況です。3段目画像は出穂開花中の小穂 、小花が10以下で、護頴が無芒です。
これに対しネズミムギは小穂内の小花数が多く10個以上あり、護頴に芒があります。しかし、両種の自然交雑が起こっているといわれており、実際には中間的なものが多く見られます。
back next list home flora