ニワゼキショウ 陽地の春〜夏の開花植物

 

草地 の群生 05年5月17日 

花と果実 04年4月26日
 
花;先が突起状の6個の花被片・中央の3個の雄ずい

09年5月4日 

 科 属 名
アヤメ科ニワゼキショウ属
 英     名
blue−eyed grass
 学    名
Sisyrinchium atlanticum Bicknell
日本と世界の分布
 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、公園の芝生、草原など
   開  花  期
5〜7月 
  類 似 種
アイイロニワゼキショウ・オオニワゼキショウ・ヒトフサニワゼキショウ
 メ      モ
明治時代の中頃に渡来した北アメリカ原産の帰化植物。この辺りでは公園の芝生や道ばたの草地などに普通に見られ、しばしば上段画像のように群生しています。
は高さ10〜30cmで根元から叢生し、狭い翼があります。葉は細く剣状で、多くは茎の下部から出ます。茎の先の2枚の苞葉の中から細い柄を伸ばし、先に花を咲かせます。
は径1.5cmほどで、ピンク・紅紫・淡紫・白色などがあり、基部は黄色です。花被片は中・下段画像のように6枚、先が突起状の倒卵状長楕円形で、中央に濃色の条があります。花の中央に黄色い雄ずい3個が見えます。
中段画像の褐色の球形のものが果実(朔果)で、径3mm内外、光沢があリす。
back next list home flora