ヌマトラノオ 水辺の夏の開花植物

 

湿地での群生 09年7月9日
 
花序 同上 
花序の一部と花 06年9月2日 
 
イヌヌマトラノオの花序の一部 花序軸・花柄に毛がある 11年7月7日
果序 11年10月6日
 
 科 属 名
サクラソウ科オカトラノオ属
 学    名
Lysimachia fortunei Maxim.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国・台湾・インドシナ
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
湿った空地や荒地、小川の岸辺など 
   開   花   期
6〜8月
 身近な類似種
イヌヌマトラノオ・オカトラノオノジトラノオ
 メ      モ
湿った場所に生える多年草。横にはう地下茎から地上茎を出し、画像のように花序が直立します。類似種のオカトラノオノジトラノオは陸地の 林縁や草原などに生え、花序は先が傾き偏って花をつけます。
茎は円柱形で、点状の毛が散生します。葉は互生し、披針形または倒披針状長楕円形、基部は狭くなって柄はなく両面はほとんど無毛です。花柄は下段左画像のように短く3〜5mm、がくの背面に腺点があります。花冠は白色で、ふつう5裂しますが、下段右画像のように6裂の花もあります。裂片は倒卵形で先が円いのが特徴です。
09年7月10日に上段の画像を差替え、下段左画像を追加しました。
11年7月8日にイヌヌマトラノオの花序の一部の拡大画像を追加した。ヌマトラノオとオカトラノオの雑種で、ヌマトラノオと一緒に生え、植物体がより大きく、葉や花序に毛がある点が特徴とされている。

back

next

list

home

flora