ノジトラノオ 陽地の夏の開花植物

 

草地の群生 04年7月3日
 
草原 の個体 04年7月10日 
 
加序 04年7月15日 
 
 科 属 名
サクラソウ科オカトラノオ属
 学    名
Lysimachia barystachys Bunge
日本と世界の分布
関東以西〜九州北部、朝鮮・中国(北部・東北)
 生 育 型  
多年草
 生 育 場 所
土手、草原など
 開 花 期
6〜7月
 身近な類似種
オカトラノオヌマトラノオ
 メ      モ
やや湿った土手や草原などに生育する多年草(上段画像)。 この辺りではオカトラノオ類で最も少なく、生育場所が極く限られています。オカトラノオと一緒に群生する場所があり、両種の雑種と思われる中間型が見られます。オカトラノオは乾いた草原などに生育し、ヌマトラノオは湿地に生え 、花序が直立します。
は高さ70〜100cm、褐色の開出した毛が密生しています。
は画像のように茎の先に総状花序をつけ、傾き偏って咲 きます。
牛久市版レッドデータブック植物編」で 、「絶滅危惧IA類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂

                     

     「絶滅危惧TB類」

 

back

next

list

home

flora