アレチギシギシ 陽地の夏の開花植物

 

 

道ばたの土手の群生 13年6月7日
 
  開花期の枝の上部 15年6月1日
 

果実をとりまく花被片とこぶ 13年6月7日
 
 科 属 名
タデ科ギシギシ属
   英           名
cluster dock
 学     名
 Rumex conglomeratus Murr.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産の帰化植物で全国に野生。
   生 育 型 
多年草
 生 育 場 所
道ばた、荒地、土手、
   開  花  期
5〜7月
 身近な類似種
エゾノギシギシギシギシナガバギシギシギシギシ属検索表
 メ      モ
道ばたや土手などに生育する多年草。1900年代初期に横浜で発見されたヨーロッパ原産の帰化植物で、現在では全国に広がっています。この辺りでも近年ふえており、道ばたや田んぼに面した土手などで普通に見られます。
は直立し、高さ40〜120cm、1・2段画像のように著しく開出し、紫紅色を おびます。開花時には根生葉はなく、茎下部の葉は長い柄がありますが、上部の葉ほど小型化し、苞葉へ移行します。
花序は画像のようにまばらです。果実を包む花被は 、ギシギシ属の検索表に示しましたが、下段画像のように卵形、長さ3mm弱、縁に鋸歯はなく、中央の膨れたこぶは花被片全体に及びます。

back

next

list

home

flora