ナガバギシギシ 陽地の春〜秋の開花植物

 

道ばたの株 13年5月26日
 
上部の葉と花序 98年5月21日
 
 花序の一部と 花被片・こぶ状突起 08年5月24日
 
 科 属 名
タデ科ギシギシ属
   英    名
curly dock
 学    名
Rumex crispus L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、ユーラシア・北アメリカ他 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、草原、樹園地など
   開  花  期
4〜7月
 身近な類似種
アレチギシギシエゾノギシギシギシギシギシギシ属検索表
 メ      モ
ユーラシア原産の帰化植物の多年草。この辺りでは近年、在来種のギシギシより発生が多くなっています。
3段目の画像は沢山の花をつけた花序の一部です。緑色の卵形のものが内花被片、あるいは翼状がく片と呼ばれ、花弁に相当します。3個あり果実を包みます(検索表)。
ギシギシ類の区別は、この翼状がく片のまわりが滑らか(全縁)か、ぎざぎざ(鋸歯縁)か、そして黄白色に見える楕円形のこぶ状突起があるか、ないかが重要なポイントです。ナガバギシギシは翼状がく片が全縁で、大きなこぶがあるのが特徴です(検索表)。
back next list home flora