エゾノギシギシ 陽地の春〜秋の開花植物

 

川堤の群生 13年6月7日
 
草地の群生 07年6月17日
 
葉の形状 09年7月3日
葉裏の主脈上の毛 同左
 
成熟初期の翼状内がく片と中脈上のこぶ状突起 07年6月17日
 
成熟後期の翼状内がく片と中脈上のこぶ状突起 同上
 
 科 属 名
タデ科ギシギシ属
 別   名
ヒロハギシギシ
  英    名
broadleaf dock
 学    名
Rumex obtusifolius L.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産の帰化植物で北海道〜琉球に分布、北半球
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
農耕地、土手、草原、樹園地など
   開  花  期
5〜9月
 身近な類似種
アレチギシギシギシギシナガバギシギシギシギシ属検索表
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物の多年草。この辺りでは近年、アレチギシギシ・ナガバギシギシと並んで、在来種のギシギシより発生が多くなっています。
は画像のように直立し、上部で枝分れし、高さ50〜130cm。根生葉は花期には普通なく、 3段目左画像のように茎中位の茎葉は長楕円形、長さ12〜25cm、基部は心形で、縁は波状になります。そして上面は無毛で、下面は3段目右画像のように主脈上に細毛があり、主脈は普通赤色を帯びます。
は円錐状の花序につき、4・5段目画像のように茎の節に密に束生します。
ギシギシ属の検索表に示しましたが、4・5段の画像は結実期の内花被片の形を示したもので狭3角状淡緑色か帯赤色をしており、縁には刺状突起があります。3枚の内花被片の1枚だけ、中脈に大きなこぶ状突起があり、 普通は赤色で光沢があります。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora