アメリカオニアザミ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

舗装路隅の生育状況 13年7月18日

 
道ばたの株 13年7月16日
 
ロゼット 13年7月18日
 

茎の翼と刺  同上

羽状中裂の葉と先の刺

 

頭花 総苞片は開出〜反曲し先は刺状 同上
 
そう果の飛散状況 同上
そう果と冠毛 同上
 
 科 属 名
キク科アザミ属
   英    名
Spear thistle, Common thistle, Bull thistle
 学    名
Cirsium vulgare (Savi) Tenore
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産帰化植物、北海道〜四国に分布
 生 育 型
1・越年草 
 生 育 場 所
道ばた、空地など
   開  花  期
7〜10月
 身近な類似種
トネアザミ(タイアザミ)ノアザミノハラアザミ
 メ      モ
1960年代に北海道で発見されたヨーロッパ原産の帰化植物。1年草または越年草で、全体にあらあらしい印象を受けます。現在はほぼ全土に分布しています。この辺りでは多くありませんが、上段画像のように道ばたなどに自生しています。
高さ50〜150cm。茎は直立し、上部で枝分かれし、4段目左画像のように刺のある翼があります。茎葉は4段目右画像のように羽状に中裂し、裂片は3〜6対、裂片の先は1mmほどの刺になっています。
総苞は2段目と5段目画像のように卵状球形、総苞片は反曲または開出し、8〜9 列あり、粘りません。総苞外片は長さ1〜1.5cmで、先端に長さ1〜2mmの刺があります。筒状花は画像のように淡紅紫色で、長さ3〜3.5mm、裂片は長さ6〜8mm。
そう果は下段右画像のように灰白色で長さ4mmほど、冠毛は長さ約2cmで羽状に分枝しています。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora