マメアサガオ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

田んぼの水路畔の群生 04年10月4日 
 

同上 
 

同上
 

果実 03年11月8日
 
 科 属 名
ヒルガオ科サツマイモ属
 英    名
small-flowered white morning-glory
 学    名
Ipomoea lacunosa L.
日本と世界の分布
関東〜琉球、北アメリカ原産の帰化植物
   生 育 型
年生つる植物
 生 育 場 所
道ばた、荒地、土手、水路畔など
 開 花 期
7〜10月
 身近な類似種
ホシアサガオ・マルバアサガオ・マルバアメリカアサガオマルバルコウ・ルコウソウ
 メ      モ
1955年に報告された北アメリカ原産の比較的新しい帰化植物です。 道ばたや荒地に生えるつる性1年草。この辺りでも、ここ2〜3年の間に荒地や水路の畦などに点々と自生しているのを見かけるようになりました。
つるは4稜があり、長さ1〜3mになり他物に巻きつきます。は互生。葉柄は長さ2〜5cm。葉身は広卵形または3裂し、長さ3〜8cm、幅2〜7cm。そして2段目画像のように先が細く尖り、基部が心形になります。
は葉腋から出る花柄の先に1〜5個つきます。花柄は基部の葉より短く、長さ1.5〜4cm。花冠はロート形、長さ幅とも約2cmで、3段目画像のように上からみると五角形〜星形、白色ときに背面に淡紅色の条があります。
果実は刮ハで、下段画像のようにやや平たい球形で、径8〜10mm、がく片とともに軟毛が散生します。
back next list home flora