アキノエノコログサ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

道ばたの群生 15年7月8日 
 
空地の群生 04年7月31日 
 

花穂(花序) 15年7月7日
 

 

頴果:左;背面・右:腹面  左側一目盛0.5mm 07年7月31日 
 
 科 属 名
イネ科エノコログサ属
   英    名
giant foxtail
 学    名
Setaria faberi Herrm.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国、北アメリカへ帰化
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、土手、畑、樹園地など
   開  花  期
6〜10月
 身近な類似種
エノコログサキンエノコロ・コツブキンエノコロ
 メ      モ
エノコログサ属の1年草。この辺りではエノコログサに次いで多く、市街地・道ばた・藪の周りなど、いたるところに自生し、ときに群生します(上段画像)。
(茎)は下方で分枝して直立、高さ50〜100cm。は扁平、広線形、長さ10〜30cm、幅0.8〜2cmです。出穂・開花は多くの図鑑が9〜11月としていますが、7月から開花がはじまります。これらは最近渡来した外来植物の可能性も考えれらます。
花穂は円柱状で、長さ5〜10cm、先が垂れます。これが垂直に立つエノコログサとの区別点です。小穂刺毛がすき間なくついて、長さ2.5〜3mm、第2苞頴が小穂より短いため、護頴の上部が上段左画像のように露出します。この点も、露出しないエノコログサとの違いです。
back next list home flora