ムラサキカタバミ 陽地の夏〜秋の開花植物

 

斜面林下部草地の株 17年5月28日
 
花序 15年7月8日
 

と花 13年7月2日

 
若い鱗茎 15年7月8日
 

鱗片に包まれた成熟小鱗茎 13年7月2日
 
 科 属 名
カタバミ科カタバミ属
   英           名
martius'wood-sorrel/ violet woodsorrel
 学    名
Oxalis corymbosa DC./O.debilis Kunth. subsp. corymbosa (DC.)

Lourteigl

日本と世界の分布
南アメリカ原産の帰化植物で、全国に分布
生 育 型
多年生草
 生 育 場 所
空地、道ばた、草地・樹園地など

 

   開  花  期
5〜11月
  類 似 種 イモカタバミオッタチカタバミカタバミ
 メ      モ
文久年間(1861〜1864)に渡来した南アメリカ原産の観賞植物が逸出し、野生化した帰化植物です。
地下に4段目画像のような鱗茎の塊があります。これが 5段目画像のように小鱗茎に分かれ、これで増殖します。小鱗茎から柄の長い葉が出ます。は 3段目画像のように3小葉からなり、小葉は心臓形で、長さと幅が1.5〜4cm、両面に毛があり、裏面周辺に淡黄赤色の小斑点があります。
は葉柄より少し長い花茎の先に1〜3段 目画像のように1〜15個つきます。花弁は淡紅紫色で長さ1〜1.5cm、画像のような濃紅色の筋があります。雄しべは10個あり不揃で、は白色で花粉はできません。葯の色が黄色のイモカタバミとの一つの区別点です。雌しべは1個、花柱は5個です。
果実は稔りません。種子ができない代わりに小鱗茎で爆発的に増殖するため、樹園地などでは時に厄介な雑草になっています。
「外来生物法」の「 要注意生物」指定種。

 

back

next

list

home

flora