ウシタキソウ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

林縁の群生 14年7月27日
 
林縁の個体 00年7月23日 

 

花序の一部 14年7月27日
 
果実 10年10月1日
 
 科 属 名
アカバナ科ミズタマソウ属
 学    名
Circaea cordata Royle
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・ウスリー・ヒマラヤ
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁など 
   開   花   期
7〜9月
 身近な類似種
ミズタマソウ
 メ      モ
林地や木蔭に生える多年草です。茎は分枝せずに単一で直立し、高さ40〜60cm、葉とともに短毛と長毛が密生します。葉は2段目画像のように長い柄があり、卵心形〜卵形で長さ4〜12cm、幅3〜8cm、基部は心形〜円形、先は尖ります。
花序は穂状で長さ7〜15cm、3段目画像のような白色の小花をつけます。花弁は長さががくより短く、先が2裂します。果実は下段画像のように球形で径約3mm、硬いかぎ状毛があります。
類似種のミズタマソウは葉の基部が心形にならないのと、果実が倒卵形です。この辺りではスギ 林や竹林の屋敷林の周りに点々と生育していますが、比較的少ない植物です。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。
 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora