オオバノヤエムグラ 里山の夏 〜秋の開花植物

 

茎の上部の葉と花序 04年7月10日
 
茎の中部の葉 同上
 科 属 名
アカネ科ヤエムグラ属
 学    名
Galium pseudo-asprellum Makino
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国(東北)
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁など 
   開   花   期
7〜10月
 身近な類似種
アカネハナムグラヤエムグラ ヒメヨツバムグラホソバノヨツバムグラ
 メ      モ
林縁の草地に生える多年草。茎はつる状で、長く伸びて長さ1m内外になり、少し分枝し、下段の画像のように4稜に下向きの刺がまばらに生えています。葉と托葉4〜6枚輪生し、画像のように倒披針形または倒披針状長楕円形で、長さ1.5〜2.5cm、幅1cm内外、先は急に狭まって短くとがり、表にはまばらな毛があり、縁と裏の中脈には逆向きの毛があります。
夏〜秋に枝先や葉腋に細長い花序を出し、黄緑色の小さな花をまばらに咲かせます。果実は径1.5〜mmで曲がった毛が生えています。

back

next

list

home

flora