マルバノサワトウガラシ 水辺の夏〜秋の開花植物

 

水田の個体 06年9月2日 
 

同左
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科サワトウガラシ属
 学    名
Deinostema adenocaulon (Maxim.) Yamazaki
日本と世界の分布
本州〜九州、南朝鮮
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・水田など
   開   花   期
7〜10月
 身近な類似種
サワトウガラシ
 メ      モ
本州〜九州の湿地や水田に生える小型の1年草です。この辺りでは希少植物で、牛久市版レッドデータブックでは「絶滅危惧TA類」に位置づけられています。
は軟弱で直立し高さ10〜18cm。大株では上 段画像のように、枝を分け斜めに伸びます。葉は画像のように柄がなく卵円形で、長さ4〜10mm、幅3〜5mmです。
花も小さく花冠が径4mmほどで、茎上部の葉腋につきます。花冠は画像のように2唇形で下唇が大きく、その中裂片は2裂します。雄ずいは2本。刮ハは楕円形。種子は長さ約0.5mmで、網紋があります。
名前はサワトウガラシの葉の形が広線形〜線状披線形であるのに対し、この植物は葉が丸味を帯びるためにつけられました。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora