サワトウガラシ 水辺の夏〜秋の開花植物

 

 休耕田 06年9月17日
 
イネ収穫跡田んぼの個体 06年10月1日
 

12年9月6日
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科サワトウガラシ属
 学    名
Deinostema violaceum (Maxim.) Yamazaki
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国(東北)
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿った空地・休耕田・水田など
   開   花   期
8〜10月
 身近な類似種
アゼトウガラシアゼナアメリカアゼナウリクサマルバノサワトウガラシ
 メ      モ
湿ったところに生える小さな1年草。茎は上右の写真のように地面を這うこともありますが、直立すると高さ5〜20cmになります。葉は写真のように線状披針形で先がとがり、長さ5から10mm、幅1〜2mmです。
茎の上の方に写真のような4〜12mmの細長い花柄をもつ花(正常花)を咲かせます。花冠は紅紫色で、小さく長さ3〜5mm。上の写真でははっきり分かりませんが、茎の中ほどの葉腋に長さ1.5mmほどの無柄の閉鎖花がつきます。とくに貧栄養の湿地では閉鎖花の方が多く、よく実るそうです。
この辺りでは希少植物で、牛久市版レッドデータブックでは、「絶滅危惧TA類」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora