タケトアゼナ 水辺の夏〜秋の開花植物

 

 

休耕田の個体 98年6月28日
 
葉形・鋸歯と花柄 04年7月5日
 
茎上部の葉と花 15年7月25日
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属
(APG分類 アゼナ科アゼナ属)
 学    名
Lindernia dubia (L.) Pennell subsp. dubia
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で、全国に自生。
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿った空地・休耕田・田の畦・水田など
   開   花   期
6〜9月
 身近な類似種
アゼトウガラシアゼナアメリカアゼナウリクサ
 メ      モ
北アメリカ原産の1年生帰化植物。1936年神戸市で最初に採集されましたが、現在は全国の水田や湿地に広がっています。
アメリカアゼナと比べ、画像のように葉が 卵形で基部が円形から鈍形、鋸歯が明瞭で、上部の葉は小さく苞葉状になります。
花柄は10〜15o、2段目画像のように葉と同長か、2倍以上になるものもあります。

back

next

list

home

flora