ツルニガクサ 水辺の夏 〜秋の開花植物

 

 

林縁の湿った場所の群生 05年7月16日
 
茎上部の葉と花序 99年7月18日 
 
05年7月16日
 科 属 名
シソ科ニガクサ属
 学    名
Teucrium viscidum Blume var.miquelianum (Maxim.) Hara
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・台湾
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
湿った林縁・荒地など
   開   花   期
7〜9月
 身近な類似種
ニガクサ
 メ      モ
木蔭などの湿った場所に生える多年草。この辺りでは少ない植物で、1・2段目画像は湿った荒地の林縁の群生です。
は四角形で、高さ20〜80cm。地下に細長い走出枝があります。は長さ1〜2cmの柄があり、葉身は4〜10cm、幅1.5〜5cmです(2段目画像)。
花序は画像のように葉腋の枝と主茎の先に一方に偏ってつき、長さ3〜5cm。は淡紅色、花冠は 下段画像のように1唇状で、長さ8〜10mm、 雌ずいは柱頭が2裂し、雄ずいとともに花の上へ突き出します。雄ずいは4本(2本は長い)で湾曲しています。

back

next

list

home

flora