アメリカアゼナ 水辺の夏〜秋の開花植物

 

休耕田の群生 09年8月1日
 
休耕田の個体 98年8月16日
 
茎葉と花 05年7月16日
 

種子 背景の目盛は1mm 17年7月29日
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属
   英    名
low falsepimpernel
 学    名
Lindernia dubia Pennell
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で、全国に自生。
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿った空地・休耕田・田の畦・水田など
   開   花   期
7〜10月
 身近な類似種
アゼトウガラシアゼナウリクサタケトアゼナ
 メ      モ
北アメリカ原産の1年生帰化植物。1936年神戸市で最初に採集されましたが、現在は全国の水田や湿地に広がっています。
在来のアゼナ葉が無柄全縁ですが、アメリカアゼナは下段画像のように下部の葉に柄と鋸歯があります。さらにアゼナは4個の雄蕊に葯があり ますが、アメリカアゼナは2個の雄蕊だけに葯があります。
下段は1個の果実に含まれた多数の繻子の画像です。種子の大きさは、長さが約0.25mm、幅が約0.15mmで、表面に横脈がありますが、この画像でははっきりしません。

back

next

list

home

flora