キバナアキギリ 里山の秋の開花植物

 

モウソウチク林 の群生 00年10月11日 
 
花序と花 98年11月3日
 科 属 名
シソ科アキギリ属
   別    名
コトジソウ
 学    名
Salvia nipponica Miq.
日本と世界の分布
本州〜九州
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・モウソウチク林・林縁など 
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
アキノタムラソウヤマハッカ
 メ      モ
林床や林縁に生える多年草。 この辺りでは雑木林、竹林や林縁などに所々自生していますが、個体数が少なく、減少傾向にあります。
は紡錘状にふくれます。四角で高さ20〜40cm。 基部は少し倒れます。は長い柄があり、3角状ほこ形で長さ5〜10cm、幅4〜7cm、基部は左右に張り出します。全体に長い毛があります。
花序は長さ10〜20cm。花冠は淡黄色、長さ2.5〜3.5cm、 下段画像のように唇形で大きく口を開けます。画像の上唇に沿って糸状に伸びているのは花柱であり、柱頭が2裂しています。
 「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。 名前は秋に黄色の花が咲き、葉の形がキリに似ていることに由来します。

back

next

list

home

flora