オッタチカタバミ 陽地の春〜秋の開花植物

 

歩道の隅の株 04年4月16日
 
の隅の株 09年5月27日
 
花;5枚の花弁と 右上の果実 同上
2004年4月22日 草地
 科 属 名
カタバミ科カタバミ属
   英     名
European woodsorrel
 学    名
Oxalis dillenii Jacq.  
日本と世界の分布
本州〜九州
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、草原、樹園地など
   開  花  期
4〜11月
 身近な類似種
イモカタバミカタバミムラサキカタバミ
 メ      モ
北アメリカ原産の帰化植物。道ばたや草原に自生する多年草で、地表直下に横走する根茎があります。茎は根茎から直立し、高さ20〜50cmになり、細毛があります。茎が立つことが和名の由来で、茎が地面をはうカタバミとの違いです。この辺りでは最近、市街地の植込みや空地などで目立つようになってきました。
09年6月1日に3個の画像を追加・更新しました。下段は花の拡大画像。花は長い花柄の先が枝分かれした短い小花柄に咲きます。花弁は画像のように黄色、だ円形で長さ7〜11mm、先が凹んでいます。雄ずいは10本ですが、葯は7個しか見えません。雌ずいは1個で、花柱は5本ですがはっきり分かりません。花の右上の棍棒状のものは果実(刮ハ)の上半部です。
back next list home flora