イモカタバミ 陽地の春〜秋の開花植物

 

道ばたの栽培 14年4月15日
 
道ばたの野生 13年6月16日 
 
電柱の根元の株 13年11月19日
同左 13年12月5日
 
 
生長した塊茎 13年11月3日
若い塊茎 04年6月13日
 

葉裏の淡黄赤色の小斑点

04年6月13日

5弁の淡紅色と濃紅色筋の花

13年6月20日

 
 科 属 名
カタバミ科カタバミ属
 英    名
/wood sorrel
 学    名
Oxalis articulata Savigny
日本と世界の分布
南アメリカ原産の帰化植物、本州(秋田・宮城県以南)〜九州に分布
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、草地など
   開  花  期
4〜12月
 類 似 種
オッタチカタバミカタバミ・ハナカタバミ・ムラサキカタバミ
 メ      モ
南アメリカ原産の帰化植物。この辺りでは1段目画像のように観賞植物として栽培されてい ます。一方、住宅地周辺、道ばた(2段目画像)、草地などに単独または数株集まって野生化しています。
4段目画像のように地下に径3cmほどの塊茎(いも)を作るのが特徴です。この塊茎から画像のように葉を叢生し、大きな株になります。
葉柄は細長く、8〜30cm。葉は3小葉からなり、小葉は長さ幅とも1.5〜4cmの心臓形で、裏面に淡黄赤色の小斑点が葉縁を中心に散在します(下段 左画象)。
花の期間は長く、この辺りでは12月の寒さでも花を咲かせています(3段目右画像)。花は径約1.5cmで、枝分かれした花茎の先に多数つきます。花弁は淡紅色で濃紅色の筋があり、雄 しべは不揃いで10個、 葯は黄色です(下段右画像)。
back next list home flora