チチコグサ 陽地の春〜秋の開花植物

 

草地の株 05年5月20日
 

 地下茎でつながる株 同左
 

頭花 07年5月8日 
 
 科 属 名
キク科ハハコグサ属
 学    名
Gnaphalium japonicum Thunb,
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・芝生・草地など 
   開  花  期
5〜10月
  類  似  種
ウスベニチチコグサウラジロチチコグサタチチチコグサチチコグサモドキハハコグサ

 

 メ      モ
道ばた、荒地、草地、樹園地などに生える多年草。この辺りでは普通に見られます。
上段画像のように匍匐枝があります。根出葉を束生し、ロゼット葉で越冬します。根出葉は線形で先が尖り、表面は緑色裏面は白色で綿毛に被われています。そして花期にも生きています。
高さ15〜30cm。画像のように枝分かれしない花茎を数本直立させ、密集した頭状花をつけます。総苞は暗褐色をおび鐘形、長さ5mm内外で幅は4〜5mm。そう果は長さ約1mmで、長さ3mmほどの白色の冠毛があります。
名前は花に華やかさがある母子草(ハハコグサ)に対する華やかさがない地味な父子草(チチコグサ)の意味です。
back next list home flora