アブノメ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

田んぼの群生 04年8月24日 
 
花序 04年9月17日 
果実 同左
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属
 学    名
 Lindernia angustifolia (Benth.) Wettst.
日本と世界の分布
本州〜琉球、東南アジア
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
 湿地・水田・田の畦など
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
アゼナアメリカ アゼナスズメノトウガラシ
 メ      モ
湿地に生える1年草。 この辺りでは、以前は田んぼの普通の雑草でしたが、現在はほ見かけなくなり、休耕田にわずかに自生しているだけの希少植物になってしまいました。
茎は太く軟らかで、高さ15〜30cm。根生は1〜2.5cm、1段目画像のように茎の葉は上部ほど小さくなります。
は葉腋毎に1花。茎の中ほどの葉腋に無柄の閉鎖花がつきます。茎の上部に普通花がつき、長さ1cmほどの柄があり、花冠は 下段左画像のように淡紫色で、長4〜6mm。果実は刮ハで、下段右画像のように球形で長さ3mm内外。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。
名前の虻の眼は、刮ハの形に基づきます。

back

next

list

home

flora