スズメノトウガラシ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

田んぼの畦の個体 03年9月10日
 

13年9月7日
 
果実 03年9月10日
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属
 学    名
 Lindernia antipoda (L.) Alston
日本と世界の分布
福島県〜琉球、東南アジア
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
 湿地・水田・田の畦など
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
アゼナアメリカアゼナウリクサアゼトウガラシ
 メ      モ
田んぼの畦などやや湿ったところに生える1年草。この辺りでは田んぼにはあまり見られませんが、休耕田、田んぼの畦、農道の周りなどにところどころ自生しています。
1段目画像のように茎は根ぎわで枝分かれして斜めに立ち上がり、高さ5〜20cm。は対生し、倒披針形で縁に5〜8個のきょ歯(ギザギザ)があり、長さ2〜5cm。
は上部の葉腋に花柄を出して1花をつけます。花冠は2段目画像のように淡紅紫色で2唇形、長さ約1cm。雄しべは2本で、花冠の上側につき、花冠の下側には2本の棒状の突起があります。さく果は3段目画像のように細長く、長さ1〜1.5cm、幅約2mm。
類似種のアゼトウガラシとの違いは葉のギザギザで区別します。 「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora