カントウタンポポ 陽地の春の開花植物

 

農道の株 06年4月11日

 

 頭花 99年4月17日

総苞:花弁の下の緑色の部位

   左カントウタンポポ型

   中中間型           

   右セイヨウタンポポ型

 
 科 属 名
キク科タンポポ属
 別    名
アズマタンポポ
 学    名
Taraxacum platycarpum Dahlst.
日本と世界の分布
関東〜中部地方
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
土手、田・畑の農道など 
  開  花  期
3〜5月
  身近な類似種
シロバナタンポポセイヨウタンポポ
 メ      モ
主に関東地方に自生する在来のタンポポです。日当たりのよい農道や土手に生えていますが、セイヨウタンポポに比べ発生がはるかに少なく 、容易に見ることができません。
草高は10〜20cm。頭花を包んでいる鱗片(リンペン)状の葉の集まりを総苞(ソウホウ)といい、個々の鱗片状の葉を苞片呼び,ます 。そして外側を総苞外片といい、この部位が下段左画像のように開花期に直立し、反り返りません。これが在来タンポポの特徴です 。
これに対しセイヨウタンポポは著しく反り返ります。 下段右画像は両種の総苞と、最近増えている両者の中間型を示したものです。
back next list home flora