シロバナタンポポ 陽地の春の開花植物

 

林縁の個体 14年4月12日
 
 川堤の道ばた の株

2006年4月13日

 
頭花 2008年5月4日
 
 科 属 名
キク科タンポポ属
 学    名
Taraxacum albidum Dahlst.
日本と世界の分布
関東地方〜九州
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
草地状空地・道ばたなど 
   開  花 期  
3〜5月
 身近な類似種
カントウタンポポセイヨウタンオポ
 メ      モ
関東地方から西日本に自生する在来のタンポポです。
1段目画像はスギ林縁の道ばたの個体、2段目画像は草地の個体です。後者の個体は草高30cm内外で、年2・3回草刈が行われている草地に生えている株です。頭花小さな花が多数集まって一つの花のように見える花をいいます。)は直径が3〜4cm。
カントウタンポポと比べさらに発生が少なく、花の時期も短いため、あまり見かけません。
back next list home flora