;ツクバキンモンソウ 里山の春の開花植物

 

 

 雑木林 々床の群生 4年4月15日
 
開花株 同上
 
 科 属 名
シソ科キランソウ属
 学    名
Ajuga yezoensis Maxim.var.tsukubana Nakai
日本と世界の分布
関東地方〜四国の太平洋岸
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
キランソウジュウニヒトエ
 メ      モ
分布範囲の比較的狭い日本固有の植物です。 この辺りでは極く限られた場所にだけ自生ししています。
の表面の葉脈に沿って紫色をおびているのが特徴です。
シソ科など唇形の花を唇形花冠と呼び、花冠の上側を上唇、下側を下唇といいますが、ツクバキンモンソウの上唇は2段目画像のように長さが1〜2mmで極く小さいのが特徴です。画像の株は明るい雑木林の林床 のもので、草高がわずか7cmです。
筑波山で初めて見つけられたため、ツクバの名がつけられています。
back next list home flora