ツルカコソウ 里山の春〜初夏の開花植物

 

雑木林縁の草地個体 04年5月5日 
 
走出枝 同上
 
 科 属 名
シソ科キランソウ属
 学    名
Ajuga shikotanensis Miyabe et Tatewa.
日本と世界の分布
南千島(色丹島)〜本州 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
草地・雑木林の縁など
   開  花  期
5〜6月
 身近な類似種
キランソウジュウニヒトエツクバキンモンソウ
 メ      モ
全体に開出する多細胞の長い軟毛があり、茎は立ちます。茎の基部から上の右画像のような葉をつけた走出枝(ストロン、ランナー、ほふく枝)を出すことが、この仲間には見られない特徴です。
丘陵地の草原に自生するとされていますが、この辺りでは極めて稀な植物で、。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IA類」に位置づけられています。

 

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂

                     

     「絶滅危惧TB類」

 

 

 

back next list home flora