ヒカゲスゲ 里山の春の開花植物

 

06年3月28日 斜面林下の道ばた
ヒカゲスゲ詳細画像
 
道端の林下 09年3月18日

 

 科 属 名
カヤツリグサ科スゲ属
 学    名
Carex lanceolata Boott
日本と世界の分布
北海道〜九州、北東アジア
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林とその周り、草地など
   開花・結実期
3〜5月
 身近な類似種
アオスゲヌカスゲヒメカンスゲホソバヒカゲスゲ
 メ      モ
斜面林下部の草地や雑木林などに生育。株は叢生し、ほふく枝はありません。株は密に叢生。株基部の鞘は褐色で60〜90cmの長い葉があり、この時期は先が15〜40cmが枯れています。葉の幅は1.3〜2.5mm。(詳細画像@)。花茎は10〜35cm、頂小穂は雄性、側小穂は雌性で2〜4個が離れてつきます。(詳細画像A)。苞の鞘には紫色をおびた部分があり、葉身は刺状。雌小穂には長い柄があり、基部の前葉は紫色をおび、長さ1〜2cm。(詳細画像BC)。雌鱗片は長さ4〜6mmで果苞より長く、中央に緑色の脈があり、周りは紫色をおび、先は芒になっています。果苞は約3mm、先のくちばし状はなく、毛が密生。柱頭は3個。(詳細画像DE)
back next list home flora