ヒメカンスゲ 里山の春の開花植物

 

06年3月28日 神社の境内の林下 ヒメカンスゲ詳細画像
 
 09年3月18日 道端の林下

 

 科 属 名
カヤツリグサ科スゲ属
 学    名
Carex conica Boot var. conica
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮南部
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林とその周りなど
   開花・結実期
3〜5月
 身近な類似種
ヌカスゲヒカゲスゲホソバヒカゲスゲ
 メ      モ
神社境内の林床や雑木林などに生育。株は叢生、地下茎とほふく枝があり、株基部は紫褐色。葉は暗緑色常緑で硬く、長さ30〜45cm、この時期は先が5cmほど枯れており、幅1.5〜2.5mm。(詳細画像@)。花序は頂小穂が雄性で暗褐色棍棒状、側小穂が雌性で2〜3個まばらにつきます。(詳細画像A)。苞は鞘が紫褐色をおび、小穂より短い葉身があります。 雌小穂は長さ1〜2cmで、長い柄につきます。(詳細画像B)。雄花と雌花の鱗片は凹頭で、芒があります。果胞は長さ2.5mm内外、柱頭は3個。(詳細画像C)。
この辺りでは自生地が限られている希少植物で、「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧U類」に位置づけられています。
back next list home flora