タチイヌノフグリ 陽地の春〜夏の開花植物

 

駐車場の隅 00年4月28日
花;4裂の花 冠の長径4.5mm 09年4月22日
果実と縁の腺毛 05年5月1日 
 科 属 名
ゴマノハグサ科クワガタソウ属
   英     名
corn speedwell, wall-speedwell
 学    名
Veronica arvensis L.
日本と世界の分布
ヨーッロパ・アフリカ・アジア原産、日本全土に帰化
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、家の周りや駐車場などの空地、土手、畑ほか
  開  花  期
3〜6月 
 身近な類似種
イヌノフグリオオイヌノフグリフラサバソウ
 メ      モ
1883年頃渡来した帰化植物。現在はオオイヌノフグリとともに、在来種のイヌノフグリに取って替わりました。高さ10〜30cmの越年草で、道ばた、空地、土手など日当たりのよい場所に生育していますが、オオイヌノフグリほど多くありません。茎の基部から枝を分け直立します。 葉は他のクワガタソウ属植物に比べ、太い脈が目立ち縁の鋸歯は3〜5対。上 段の画像の株は高さ10cmで、花の直径4mmです。
中段は花の拡大画像で09年4月22日に追加しました。この花は長径4.5mm。茎先の葉腋につき、柄がほとんどなく、花に近い上部の葉は披針形の苞になっています。これらが他のイヌノフグリ類との主要な違いです。
下段の果実の画像は05年5月に追加しました。果実(刮ハ)は画像のように倒心臓形で、縁に短い腺毛が生えています。
back next list home flora