ハルジオン 陽地の春・秋の開花植物

 

公園の群生 12年5月16日
 

田んぼ畔の群生

00年5月5日
 
林縁の個体 00年4月28日
 

枯草のなかの開花個体 14年11月27日
 
淡紅色花の花序 10年5月6日
 
白色花の花序 同上
 
 科 属 名
キク科ムカシヨモギ属
   別    名
Philadelphia fleabane
 学    名
Erigeron philadelphicus L.
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物
   生 育 型
越年草または多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、田の畦、畑の周り、樹園地など
   開  花  期
1〜6月、9〜12月
 身近な類似種
オオアレチノギクヒメジョオンヒメムカシヨモギヘラバヒメジョオン
 メ      モ
大正時代に渡来した多年生の帰化植物1・2段目画像のように群生が見られます。
は高さ30〜100cmです。3段目画像は草高43cm。黄緑色のロゼット葉で冬を越し、春に中空の直立茎を伸ばし、上部で枝を分けます。は裏表とも軟毛があります。
頭花の直径は2〜3.0cm、5段目画像の頭花は直径3cmです。開花時期は春が中心ですが、真夏を除いて点々と周年咲いています。(4段目画像)。5・6段目画像のように蕾のうちは垂れており、花が開くと立ち上がります。花の色は白から淡紅紫までありますが、有色花も古くなると退色します。
他の類似植物と違う主な点は、@多年草、A茎が中空、B蕾が垂れる、C花の時期に根元の葉が残っていることです。
ハルジオンは私が1980年、埼玉県の桑園で除草剤(パラコート)抵抗性タイプの発現を日本で初めて見出した植物です。
 
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。 

 

back next list home flora