ナルコユリ  里山の春〜初夏の開花植物

 

雑木林 00年5月24日 
 
花序と花 09年6月6日
花糸と葯 同左
 科 属 名
ユリ科ナルコユリ属
 学    名
Polygonatum falcatum A.Gray
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国(東北) 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林とその林縁
   開  花  期
5〜6月
 身近な類似種
アマドコロヒメイズイミヤマナルコユリワニグチソウ
 メ      モ
この辺りでは発生の少ないユリ科ナルコユリ属の植物で、牛久市版レッドデータブックの「準絶滅危惧」になっています。ミヤマナルコユリよりも日陰の強い林下に自生しております。
地下にショウガのような節間の詰まった根茎があります。図鑑では高さ50〜100cmとされていますが、この群落は高さが120cmに達します。茎は上段画像のように上部が弓状に曲がる特徴があります。 葉は披針形で、図鑑では長さ8〜15cmとされていますが、画像の個体は長さ20cm、幅4cmです。
花序は画像のように葉腋に3〜5個の花をやや散房状に垂らします。花筒は緑白色、長さ17〜23mmで、花被片は深さ3〜4mmに6裂し、反り返り、色が濃くなっています。雄ずいは下段右画像のようにがく筒に合着し、6個の花糸は途中で離れ長さ5〜7mmで、先に葯をつけます。
back next list home flora