メキシコマンネングサ 陽地の春〜夏の開花植物

 

住宅空地 の群生 05年5月21日
 

同上
 
 科 属 名
ベンケイソウ科マンネングサ属
  英     名
stonecrop
 学    名
Sedum mexicanum Britt.
日本と世界の分布
本州〜九州、メキシコ他
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
家の周り、道ばた、空地など
   開  花  期
4〜6月
 身近な類似種
 コモチマンネングサツルマンネングサ
 メ      モ
帰化植物。メキシコから観賞用として導入されたものが、逸出・野生化したと考えられています。 この辺りでは発生は少なく、道ばたなどで時折見かける程度です。
植物体は肉質。は上段画像のように地際で分枝、直立し、高さ10〜20cmです。はふつう4〜5輪生しますが、3輪生や対生もあり、葉身は線状楕円形で長さ1.3〜2cm。
は20〜30個からなる茎頂の集散花序につきます。花弁は下段画像のように鮮黄色で、菱状狭卵形で長さ約4mm、平開します。
back next list home flora